読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ZHIEND『ECHO』の感想というか和訳的なもの、そのいち

こんばんは、待ちに待ったZHIENDのアルバム『ECHO』が発売されました。

発売を記念してじゃないですけど、適当に一曲ずつ和訳と感想を書いていこうかなと思ってます。

 

今日は一番気に入ってる曲、#9『Adore』で!!

 

 

まずは和訳を(英語詞を意訳)

 

独りがいい、そう思ってたし、そう思ってきた

君に会うまでは、でも何もかも全部変わっちゃったんだ

 

誰かしらを愛するなんて意味がなくて馬鹿げてるっていっつも思ってたの

裏切られるって知ってたからね

 

月明かりはまぶしくて、君がどこにいるのかわからない

ああ神さま、あの人をどこに隠したのか教えて、ねえ

 

君の頬の傷が大好きで、笑う時のえくぼも

君じゃない誰かの匂いがする襟元も

意味もなく喧嘩した日々がいとおしくて

愛し合うことで傷をなめあってたあの朝が懐かしい

 

他人のことを気にしすぎてぐちゃぐちゃになって

二人で来世は猫ちゃんになりたいよ

 

突然、電車のベルが鳴って、私は置いてきぼり

空になったプラットホームで私は独り立ち尽くす

 

君が吸ってたタバコの銘柄を私も好きになって

私より広い君の歩幅も大好きで

つまらないなんて言いながらも、君が夢を語る時間が恋しくて

あの過ぎていく退屈な毎日が懐かしくて

 

起きちゃうの?私はまだ眠いよ

しょうがないなぁ、眠気覚ましのコーヒーを淹れたげるから、もう一度……

 

すんごく怖い夢を見てたみたい、何もかもが手から離れていっちゃう夢

寝直そう、君の腕に寄りかかって、ギュッと……

 

君の頬の傷が大好きで、笑う時のえくぼも

君じゃない誰かの匂いがするシャツも

意味もなく喧嘩した日々がいとおしくて

君がいつもピッタリと私のそばにいてくれてた、あの時間を愛してた……

 

 

意訳しまくりですが、こんな感じですかね。文法的にようわからんとこもありましたが大目に見てくださいな。日本語詞と見比べてみたらちょっと違って面白いですね

 

感想っすね。失恋した女の子の曲として聞くとすごくいいです。いい。すごくいい。

曲自体もこのアルバムの中ではストレートというか、普通にロックです。チョイ昔の青春パンクっぽさがある気がする。それのガールズバンド版みたいな。

日本語詞で聞くと岩沢さんがラブソング歌ってる感じがしてヤバいです。

英語も日本語も両方とも歌詞にありますが、「他人の匂いがする襟元」っていいですね。クズ男を好きになってしまった感じなんでしょうか。そうすると「私の傍にいてくれていた」ってのがうむむ。

 

次回は『Heavy Rain』で