読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

攻殻機動隊 arise : border2 ghost whispers の感想

こんにちは。先日攻殻機動隊の映画を見てきたので感想をば

前作の最後で、自分の部隊を設立することにメンバー集めを始めるってのが今回の話

見てみて、まずはっきりしたのは完全にアニメ版・映画版とパラレルワールドなんだなってことです。理由は単純にキャラクターの感じが違いますし、彼らの設定も違う。原作寄りのコミカルな感じにになってました(サイトー・パズはもっとクールなキャラだったのに……)

で、内容に関しては、私が理解できてないだけかもしれませんがそんなになかった気がします。というか、単純に次回への布石と言ったところでしょうか。

なんだそれってなるかもしれませんが、その代りアクションに力入ってます。見てもらえばわかるところですが、今まで攻殻ではあまり見られなかった状況での戦闘があります。

あとは、メカにも力入ってますね。映画館で見ると特典の冊子をもらえるのですが、そちらに設定資料が載っていて、あーかなり詰めたんだなぁと。

結論を言ってしまうと、魅せる映画だったんじゃないかなって感じです。

まだ内容について全く話していないので、少し書きます。個人的に、部分的ではありますがghost in the shellの焼き直しのような気がします。ですが、まだ主題には迫っていない。ホントに布石です。

旧映画版、アニメ版とどのような違いを見せてくれるのか、これからが楽しみです。